民法(第三編)
 

(弁済の場所)
第484条 

弁済をすべき場所について別段の意思表示がないときは、特定物の引渡しは債権発生の時にその物が存在した場所において、その他の弁済は債権者の現在の住所において、それぞれしなければならない。

【宅建六法】民法(第三編)債権の目次へ