民法(第三編)
 

(連帯債務者の一人との間の混同)
第438条 

連帯債務者の一人と債権者との間に混同があったときは、その連帯債務者は、弁済をしたものとみなす。

【宅建六法】民法(第三編)債権の目次へ