民法(第三編)
 

(分割債権及び分割債務)
第427条 

数人の債権者又は債務者がある場合において、別段の意思表示がないときは、各債権者又は各債務者は、それぞれ等しい割合で権利を有し、又は義務を負う。

【宅建六法】民法(第三編)債権の目次へ