民法(第三編)
 

(詐害行為取消権の期間の制限)
第426条 

第424条の規定による取消権は、債権者が取消しの原因を知った時から2年間行使しないときは、時効によって消滅する。行為の時から20年を経過したときも、同様とする。

【宅建六法】民法(第三編)債権の目次へ