民法(第三編)
 

(金銭債務の特則)
第419条 

1項
金銭の給付を目的とする債務の不履行については、その損害賠償の額は、法定利率によって定める。ただし、約定利率が法定利率を超えるときは、約定利率による。

2項 
前項の損害賠償については、債権者は、損害の証明をすることを要しない。

3項 
第1項の損害賠償については、債務者は、不可抗力をもって抗弁とすることができない。

【宅建六法】民法(第三編)債権の目次へ