民法(第三編)
 

(履行期と履行遅滞)
第412条 

1項
債務の履行について確定期限があるときは、債務者は、その期限の到来した時から遅滞の責任を負う。

2項 
債務の履行について不確定期限があるときは、債務者は、その期限の到来したことを知った時から遅滞の責任を負う。

3項
債務の履行について期限を定めなかったときは、債務者は、履行の請求を受けた時から遅滞の責任を負う。

【宅建六法】民法(第三編)債権の目次へ