民法(第三編)
 

(選択の効力)
第411条 

選択は、債権の発生の時にさかのぼってその効力を生ずる。ただし、第三者の権利を害することはできない。

【宅建六法】民法(第三編)債権の目次へ