民法(第三編)
 

(選択権の移転)
第408条 

債権が弁済期にある場合において、相手方から相当の期間を定めて催告をしても、選択権を有する当事者がその期間内に選択をしないときは、その選択権は、相手方に移転する。

【宅建六法】民法(第三編)債権の目次へ