民法(第三編)
 

(金銭債権)
第403条 

外国の通貨で債権額を指定したときは、債務者は、履行地における為替相場により、日本の通貨で弁済をすることができる。

【宅建六法】民法(第三編)債権の目次へ