民法(第二編)
 

(根抵当権の元本の確定請求)
第398条の19 

1項
根抵当権設定者は、根抵当権の設定の時から3年を経過したときは、担保すべき元本の確定を請求することができる。この場合において、担保すべき元本は、その請求の時から2週間を経過することによって確定する。

2項 
根抵当権者は、いつでも、担保すべき元本の確定を請求することができる。この場合において、担保すべき元本は、その請求の時に確定する。

3項 
前二項の規定は、担保すべき元本の確定すべき期日の定めがあるときは、適用しない。

【宅建六法】民法(第二編)物権の目次へ