民法(第二編)
 

(共同根抵当)
第398条の16 

第392条及び第393条の規定は、根抵当権については、その設定と同時に同一の債権の担保として数個の不動産につき根抵当権が設定された旨の登記をした場合に限り、適用する。

【宅建六法】民法(第二編)物権の目次へ