民法(第二編)
 

(根抵当権の処分)
第398条の11 

1項
元本の確定前においては、根抵当権者は、第376条第1項の規定による根抵当権の処分をすることができない。ただし、その根抵当権を他の債権の担保とすることを妨げない。

2項 
第377条第2項の規定は、前項ただし書の場合において元本の確定前にした弁済については、適用しない。

【宅建六法】民法(第二編)物権の目次へ