民法(第二編)
 

(抵当不動産の第三取得者による費用の償還請求)
第391条 

抵当不動産の第三取得者は、抵当不動産について必要費又は有益費を支出したときは、第196条の区別に従い、抵当不動産の代価から、他の債権者より先にその償還を受けることができる。

【宅建六法】民法(第二編)物権の目次へ