民法(第二編)
 

(抵当権の順位の変更)
第374条 

1項
抵当権の順位は、各抵当権者の合意によって変更することができる。ただし、利害関係を有する者があるときは、その承諾を得なければならない。

2項 
前項の規定による順位の変更は、その登記をしなければ、その効力を生じない。

【宅建六法】民法(第二編)物権の目次へ