民法(第二編)
 

(質権者による債権の取立て等)
第366条 

1項
質権者は、質権の目的である債権を直接に取り立てることができる。

2項 
債権の目的物が金銭であるときは、質権者は、自己の債権額に対応する部分に限り、これを取り立てることができる。

3項 
前項の債権の弁済期が質権者の債権の弁済期前に到来したときは、質権者は、第三債務者にその弁済をすべき金額を供託させることができる。この場合において、質権は、その供託金について存在する。

4項 
債権の目的物が金銭でないときは、質権者は、弁済として受けた物について質権を有する。

【宅建六法】民法(第二編)物権の目次へ