民法(第二編)
 

(指名債権を目的とする質権の対抗要件)
第364条 

指名債権を質権の目的としたときは、第467条の規定に従い、第三債務者に質権の設定を通知し、又は第三債務者がこれを承諾しなければ、これをもって第三債務者その他の第三者に対抗することができない。

【宅建六法】民法(第二編)物権の目次へ