民法(第二編)
 

(債権質の設定)
第363条 

債権であってこれを譲り渡すにはその証書を交付することを要するものを質権の目的とするときは、質権の設定は、その証書を交付することによって、その効力を生ずる。

【宅建六法】民法(第二編)物権の目次へ