民法(第二編)
 

(不動産質権者による使用及び収益)
第356条 

不動産質権者は、質権の目的である不動産の用法に従い、その使用及び収益をすることができる。

【宅建六法】民法(第二編)物権の目次へ