民法(第二編)
 

(転質)
第348条 

質権者は、その権利の存続期間内において、自己の責任で、質物について、転質をすることができる。この場合において、転質をしたことによって生じた損失については、不可抗力によるものであっても、その責任を負う。

【宅建六法】民法(第二編)物権の目次へ