民法(第二編)
 

(質物の留置)
第347条 

質権者は、前条に規定する債権の弁済を受けるまでは、質物を留置することができる。ただし、この権利は、自己に対して優先権を有する債権者に対抗することができない。

【宅建六法】民法(第二編)物権の目次へ