民法(第二編)
 

(留置権者による果実の収取)
第297条 

1項
留置権者は、留置物から生ずる果実を収取し、他の債権者に先立って、これを自己の債権の弁済に充当することができる。

2項 
前項の果実は、まず債権の利息に充当し、なお残余があるときは元本に充当しなければならない。

【宅建六法】民法(第二編)物権の目次へ