民法(第二編)
 

(留置権の内容)
第295条 

1項
他人の物の占有者は、その物に関して生じた債権を有するときは、その債権の弁済を受けるまで、その物を留置することができる。ただし、その債権が弁済期にないときは、この限りでない。

2項 
前項の規定は、占有が不法行為によって始まった場合には、適用しない。

【宅建六法】民法(第二編)物権の目次へ