民法(第二編)
 

(地役権の付従性)
第281条 

1項
地役権は、要役地(地役権者の土地であって、他人の土地から便益を受けるものをいう。以下同じ。)の所有権に従たるものとして、その所有権とともに移転し、又は要役地について存する他の権利の目的となるものとする。ただし、設定行為に別段の定めがあるときは、この限りでない。

2項 
地役権は、要役地から分離して譲り渡し、又は他の権利の目的とすることができない。

【宅建六法】民法(第二編)物権の目次へ