民法(第二編)
 

(地役権の内容)
第280条 

地役権者は、設定行為で定めた目的に従い、他人の土地を自己の土地の便益に供する権利を有する。ただし、第3章第1節(所有権の限界)の規定(公の秩序に関するものに限る。)に違反しないものでなければならない。

【宅建六法】民法(第二編)物権の目次へ