民法(第二編)
 

(付合、混和又は加工の効果)
第247条 

1項
第242条から前条までの規定により物の所有権が消滅したときは、その物について存する他の権利も、消滅する。

2項 
前項に規定する場合において、物の所有者が、合成物、混和物又は加工物(以下この項において「合成物等」という。)の単独所有者となったときは、その物について存する他の権利は以後その合成物等について存し、物の所有者が合成物等の共有者となったときは、その物について存する他の権利は以後その持分について存する。

【宅建六法】民法(第二編)物権の目次へ