民法(第二編)
 

(境界線付近の建築の制限)
第234条 

1項
建物を築造するには、境界線から50センチメートル以上の距離を保たなければならない。

2項 
前項の規定に違反して建築をしようとする者があるときは、隣地の所有者は、その建築を中止させ、又は変更させることができる。ただし、建築に着手した時から1年を経過し、又はその建物が完成した後は、損害賠償の請求のみをすることができる。

【宅建六法】民法(第二編)物権の目次へ