民法(第二編)
 

(水流の変更)
第219条 

1項
溝、堀その他の水流地の所有者は、対岸の土地が他人の所有に属するときは、その水路又は幅員を変更してはならない。

2項 
両岸の土地が水流地の所有者に属するときは、その所有者は、水路及び幅員を変更することができる。ただし、水流が隣地と交わる地点において、自然の水路に戻さなければならない。

3項 
前二項の規定と異なる慣習があるときは、その慣習に従う。

【宅建六法】民法(第二編)物権の目次へ