民法(第四編)
 

(後見監督人の同意を要する行為)
第865条 

1項
後見人が、前条の規定に違反してし又は同意を与えた行為は、被後見人又は後見人が取り消すことができる。この場合においては、第20条の規定を準用する。

2項 
前項の規定は、第121条から第126条までの規定の適用を妨げない。 

【宅建六法】民法(第四編)親族の目次へ