民法(第四編)
 

(成年被後見人の意思の尊重及び身上の配慮)
第858条 

成年後見人は、成年被後見人の生活、療養看護及び財産の管理に関する事務を行うに当たっては、成年被後見人の意思を尊重し、かつ、その心身の状態及び生活の状況に配慮しなければならない。

【宅建六法】民法(第四編)親族の目次へ