民法(第四編)
 

(被後見人が包括財産を取得した場合についての準用)
第856条 

前三条の規定は、後見人が就職した後被後見人が包括財産を取得した場合について準用する。

【宅建六法】民法(第四編)親族の目次へ