民法(第四編)
 

(後見人の解任)
第846条 

後見人に不正な行為、著しい不行跡その他後見の任務に適しない事由があるときは、家庭裁判所は、後見監督人、被後見人若しくはその親族若しくは検察官の請求により、又は職権で、これを解任することができる。

【宅建六法】民法(第四編)親族の目次へ