民法(第四編)
 

(未成年後見人の指定)
第839条 

1項
未成年者に対して最後に親権を行う者は、遺言で、未成年後見人を指定することができる。ただし、管理権を有しない者は、この限りでない。

2項
親権を行う父母の一方が管理権を有しないときは、他の一方は、前項の規定により未成年後見人の指定をすることができる。

【宅建六法】民法(第四編)親族の目次へ