民法(第四編)
 

(養子が15歳未満である場合の離縁の訴えの当事者)
第815条 

養子が15歳に達しない間は、第811条の規定により養親と離縁の協議をすることができる者から、又はこれに対して、離縁の訴えを提起することができる。

【宅建六法】民法(第四編)親族の目次へ