民法(第四編)
 

(夫婦である養親と未成年者との離縁)
第811条の2 

養親が夫婦である場合において未成年者と離縁をするには、夫婦が共にしなければならない。ただし、夫婦の一方がその意思を表示することができないときは、この限りでない。 

【宅建六法】民法(第四編)親族の目次へ