民法(第四編)
 

(胎児又は死亡した子の認知)
第783条 

1項
父は、胎内に在る子でも、認知することができる。この場合においては、母の承諾を得なければならない。

2項 
父又は母は、死亡した子でも、その直系卑属があるときに限り、認知することができる。この場合において、その直系卑属が成年者であるときは、その承諾を得なければならない。

【宅建六法】民法(第四編)親族の目次へ