民法(第四編)
 

(離婚の届出の受理)
第765条 

1項
離婚の届出は、その離婚が前条において準用する第739条第2項の規定及び第819条第1項の規定その他の法令の規定に違反しないことを認めた後でなければ、受理することができない。

2項 
離婚の届出が前項の規定に違反して受理されたときであっても、離婚は、そのために、その効力を妨げられない。 

【宅建六法】民法(第四編)親族の目次へ