民法(第一編)
 

(定期金債権の消滅時効)
第168条 

1項
定期金の債権は、第1回の弁済期から20年間行使しないときは、消滅する。最後の弁済期から10年間行使しないときも、同様とする。

2項 
定期金の債権者は、時効の中断の証拠を得るため、いつでも、その債務者に対して承認書の交付を求めることができる。

【宅建六法】民法(第一編)総則の目次へ