民法(第一編)
 


(期限の利益の喪失)
第137条 

次に掲げる場合には、債務者は、期限の利益を主張することができない。
1号
債務者が破産手続開始の決定を受けたとき。
2号
債務者が担保を滅失させ、損傷させ、又は減少させたとき。
3号
債務者が担保を供する義務を負う場合において、これを供しないとき。

【宅建六法】民法(第一編)総則の目次へ