民法(第一編)
 


(期限の利益及びその放棄)
第136条 

1項
期限は、債務者の利益のために定めたものと推定する。

2項 
期限の利益は、放棄することができる。ただし、これによって相手方の利益を害することはできない。

【宅建六法】民法(第一編)総則の目次へ