民法(第一編)
 

(代理権授与の表示による表見代理)
第109条 

第三者に対して他人に代理権を与えた旨を表示した者は、その代理権の範囲内においてその他人が第三者との間でした行為について、その責任を負う。ただし、第三者が、その他人が代理権を与えられていないことを知り、又は過失によって知らなかったときは、この限りでない。

【宅建六法】民法(第一編)総則の目次へ