民法(第一編)
 

(自己契約及び双方代理)
第108条 

同一の法律行為については、相手方の代理人となり、又は当事者双方の代理人となることはできない。ただし、債務の履行及び本人があらかじめ許諾した行為については、この限りでない。

【宅建六法】民法(第一編)総則の目次へ