民法(第一編)
 

(錯誤)
第95条 

意思表示は、法律行為の要素に錯誤があったときは、無効とする。ただし、表意者に重大な過失があったときは、表意者は、自らその無効を主張することができない。

【宅建六法】民法(第一編)総則の目次へ