民法(第一編)
 

(心裡留保)
第93条 

意思表示は、表意者がその真意ではないことを知ってしたときであっても、そのためにその効力を妨げられない。ただし、相手方が表意者の真意を知り、又は知ることができたときは、その意思表示は、無効とする。

【宅建六法】民法(第一編)総則の目次へ