民法(第一編)
 

第32条の2 

数人の者が死亡した場合において、そのうちの一人が他の者の死亡後になお生存していたことが明らかでないときは、これらの者は、同時に死亡したものと推定する。

【宅建六法】民法(第一編)総則の目次へ