民法(第一編)
 

(居所)
第23条 

1項
住所が知れない場合には、居所を住所とみなす。

2項 
日本に住所を有しない者は、その者が日本人又は外国人のいずれであるかを問わず、日本における居所をその者の住所とみなす。ただし、準拠法を定める法律に従いその者の住所地法によるべき場合は、この限りでない。

【宅建六法】民法(第一編)総則の目次へ