民法(第一編)
 

(制限行為能力者の詐術)
第21条 

制限行為能力者が行為能力者であることを信じさせるため詐術を用いたときは、その行為を取り消すことができない。

【宅建六法】民法(第一編)総則の目次へ