都市計画法
 

(受益者負担金)
第75条 

1項
国,都道府県又は市町村は,都市計画事業によつて著しく利益を受ける者があるときは,その利益を受ける限度において,当該事業に要する費用の一部を当該利益を受ける為に負担させることができる。

2項 
前項の場合において,その負担金の徴収を受ける者の範囲及び徴収方法については,国が負担させるものにあつては政令で,都道府県又は市町村が負担させるものにあつては当該都道府県又は市町村の条例で定める。

3項 
前ニ項の規定による受益者負担金(以下この条において「負担金」という。)を納付しない者があるときは,国,都道府県又は市町村(以下この条において「国等」という。)は,督促状によつて納付すべき制限を指定して督促しなければならない。

4項 
前項の場合においては,国等は,政令(都道府県又は市町村にあつては,条例)で定めるところにより,年14.5パーセントの割合を乗じて計算した額をこえない範囲内の延滞金を徴収することができる。

5項 
第三項の規定による督促を受けた者がその指定する期限までにその納付すべき金額を納付しない場合においては,国等は,国税滞納処分の例により,前ニ項に規定する負担金及び延滞金を徴収することができる。この場合における負担金及び延滞金の先取特権の順付は,国税及び地方税に次ぐものとする。

6項 
延滞金は,負担金に先だつものとする。

7項 
負担金及び延滞金を徴収する権利は,5年間行なわないときは,時効により消減する。

【宅建六法】都市計画法の目次へ