都市計画法
 

(土地の買取請求)
第68条 

1項
事業地内の土地で,次条の規定により適用される土地収用法第31条の規定により収用の手続が保留されているものの所有者は,施行者に対し,国土交通省令で定めるところにより,当該土地を時価で買い取るべきことを請求することができる。ただし,当該土地が他人の権利の目的となつているとき,及び当該土地に建築物その他の工作物又は立木に関する法律第1条第1項に規定する立木があるときは,この限りでない。

2項 
前項の規定により買い取るべき土地の価額は,施行者と土地の所有者とか協議して定める。

3項 
第28条第3項の規定は,前項の場合について準用する。

【宅建六法】都市計画法の目次へ