都市計画法
 

(遊休土地である旨の通知)
第58条の6 

1項
市町村長は,遊休土地転換利用促進地区に関する都市計画についての第20条第1項(第21条第2項において準用する場合を含む。)の規定による告示の日の翌日から起算して2年を経過した後において,当該遊休土地転換利用促進地区内の土地を所有している者のその所有に係る土地(国土利用計画法(昭和49年法律第92号)第28条第1項の規定による通知に係る土地及び国又は地方公共団体若しくは港務局の所有する土地を除く。)が次に掲げる要件に該当すると認めるときは,国土交通省令で定めるところにより,当該土地の所有者(当該土地の全部又は一部について地上権その他の政令で定める使用又は収益を目的とする権利が設定されているときは,当該権利を有している者及び当該土地の所有者)に当該土地が遊休土地である旨を通知するものとする。
1号
その土地が千平方メートル以上の一団の土地であること。
2号
その土地の所有者が当該土地を取得した後2年を経過したものであること。
3号
その土地が住宅の用,事業の用に供する施設の国その他の用途に供されていないことその他の政令で定める要件に該当するものであること。
4号
その土地及びその周辺の地域における計画的な土地利用の増進を図るため,当該土地の有効かつ適切な利用を特に促進する必要があること。

2項 
市町村長は,前項の規定による通知をしたときは,遅滞なく,その旨を都道府県知事に通知しなければならない。

【宅建六法】都市計画法の目次へ