都市計画法
 

(土地の先買い等)
第57条 

1項
市街地開発事業に関する都市計画についての第20条第1項(第21条第2項において準用する場合を含む。)の規定による告示又は市街地開発事業若しくは市街化区域若しくは区域区分が定められていない都市計画区域内の都市計画施設に係る第55条第4項の規定による公告があつたときは,都道府県知事等(同項の規定により,次項本文の規定による届出の相手方として公告された者があるときは,その者。以下この条において同じ。)は,速やかに,国土交通省令で定める事項を公告するとともに,国土交通省令で定めるところにより,事業予定地内の土地の有償譲渡について,次項から第4項までの規定による制限があることを関係権利者に周知させるため必要な措置を講じなければならない。

2項 
前項の規定による公告の日の翌日から起算して10日を経過した後に事業予定地内の土地を有償で譲り渡そうとする者(土地及びこれに定着する建築物その他の工作物を有償で譲り渡そうとする者を除く。)は,当該土地,その予定対価の額(予定対価が金銭以外のものであるときは,これを時価を基準として金銭に見積つた額。以下この条において同じ。)及び当該土地を譲り渡そうとする相手方その他国土交通省令で定める事項を書面で都道府県知事等に届け出なければならない。ただし,当該土地の全部又は一部が,文化財保護法第46条(同法第83条において準用する場合を含む。)の規定の適用を受けるものであるとき,又は第66条の公告の日の翌日から起算して10日を経過した後における当該公告に係る都市計画事業を施行する土地に含まれるものであるときは,この限りでない。

3項 
前項の規定による届出があつた後30日以内に都道府県知事等が届出をした者に対し届出に係る土地を買い取るべき旨の通知をしたときは,当該土地について,都道府県知事等と届出をした者との間に届出書に記載された予定対価の額に相当する代金で,売買が成立したものとみなす。

4項 
第2項の届出をした者は,前項の期間(その期間内に都道府県知事等が届出に係る土地を買い取らない旨の通知をしたときは,その時までの期間)内は,当該土地を譲り渡してはならない。

5項 
前条第4項の規定は,第3項の規定により土地を買い取った者について準用する。

【宅建六法】都市計画法の目次へ